無料でセフレ見つかるサイトプレガイド

セフレサイトにはセックスしたい女の子が溢れている

セックス本意で向きあうことが出来るセフレに大きな魅力があります。恋人の関係、夫婦の関係においてもセックスは存分に満喫出来ると言う人たちも多くいるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

私達、男性は特に、女性に対して、セックスを遠慮している事実はあります。いえ、おそらく女性だってそうかもしれません。でも、性の違いよりより現状のセックスに不満感を持っているのは男性の方でしょう。恋人の関係、夫婦の関係において、私達は、セックスを遠慮しているのです。私達は、恋人、夫婦という関係でありながらしたい“屁”さへ遠慮しているのです。

恋人、夫婦という関係において、何もかもしたいとことが出来ると考えるのは大きな間違いであり、そのような関係だから出来ないことも大変多く存在しているのです。
やっぱり、夫婦と言う関係において、フェラチオを要求することが限界なのでしょうか。そして、セックスは関係が深くなるほど男性と女性の性の差にげんなりしてしまうこともあります。

おい、このコスプレを着てくれよと妻に要求しても、自分の刺激を満たすことが出来ないものは悉く拒否されてしまうのです。
もっとセックスを追求するなら他に方法があるはずです。それは、セックスフレンドを求めるという方法です。セックスフレンドなら、きっと女の子だって、刺激的なはずです。
おい、このコスプレ着てくれよとリクエストがあれば、喜んで着てくれるでしょうね。それは、男性の為の奉仕ではなくて、自分自身がコスプレによって興奮する為です。相手にセックスに対しての気兼ねをしないから、どんどんあれもしたい、これもしたい欲求がセックスフレンドに対して高まって来ます。
セックスフレンドは、同じ相手であっても、マンネリ化しない程の力はもっていたのです。

相手の同意さへあれば、正常のセックスから、異常なセックスまでも求めていくことが出来ます。フェラ、道具を使ったプレイ、目隠し、SMプレイ、そして、SMプレイに飽きたら、スカトロと言うのも方法としてありです。

大事なことは相手の同意であり、相手に気兼ねの要らない環境です。セフレサイトには、男性レベルでセックスに意欲的な女性がいます。女性は、男性よりも性が劣っている・・・。それも事実かもしれませんが、新しい刺激を求めている女性もこんなにもセフレサイトには満ち満ちているのです。なぜ、家庭の妻はセックスをそれ以上拒んでしまっているのでしょうか・・・。

セックスフレンドの関係を繋いでいるのはエロチシズムだった
セックスフレンドは愛情が存在しない。そのいいかたはあっているようで違っています。私達は、愛情がないと言っても、エロチシズムでセックスフレンドとしっかり向きあっている訳です。
愛情とは一体なんなのでしょうか。愛情はアガペでありエロスです。エロスもそこに含まれているから、セックスフレンドは愛情なしで出来ないと言う言い方も正しいのです。でも、愛情がエロチシズムそのままと言えばまたまた非難する人もいるでしょう。愛情とは、アガペでありたいと私達は、何処かでは願い続けています。
アガペとは、エロチシズムを否定した人類愛のようなことを言います。セックスフレンドは、愛情を回避しながら、決してエロチシズムを回避している訳でなく、エロチシズムが原動力となって積極的に向きあっていくのです。

でも、そうでない人もいます。愛情もなくセックスフレンドを本当に扱う人たち、それは、相手を本当にモノとしてしか考えていません。相手を大木に穴が開いているとしか考えず、小便、大便、セックスを同等のものと考えています。でも、このことも私達は否定を敢えてすることが出来るのでしょうか・・・。
私達人間は、そのようなセックスも可能だと言うことを知っていただきたいですね。そして、ここに愛情に似ているけど、愛情とはちょっと違う、エロチシズムで向きあうセックスフレンドの関係があります。

果たして、そのエロチシズムとはなんなのでしょうか。エロチシズムとは玉ねぎの皮のような存在です。そこ何かが隠されていると期待をして一枚一枚衣服をめくって行きます。一枚、一枚めくって結果何もなかったことに気付くでしょうね。だから、エロチシズムのセックスは、挫折の連続なのです。男性は射精とともに大きな挫折をいつも繰り返します。そして、この女の子には、何も存在しなかったけど、あの女の子には何かあるに違いないとまた玉ねぎの皮のようにむき始めたりします。

エロチシズムは、交換が簡単に出来るセックスフレンドに好都合と言うべきなのでしょうか。交換して、次を簡単に求めることが出来るから、それほど、相手に価値観を求める必要はありません。相手に価値観を求めると言うことも愛情にも近く、服を何枚も何枚も着せることです。そうです、結局全部めくれば何もないことが判ってしまうので、挫折する為に時間がかかるよう、めくる為の服を何枚も着せるという姑息な手段に出たりするのです。

公開日: